バイク買取徹底知識

Yahoo! JAPAN

バイクの下取りでトラブルに!買取とではどちらがトクですか?

バイク買取徹底知識メイン

同じバイクでも下取りと買取とでは目的が違う。トラブルの原因は“査定額と高値欲のギャップにあります。

バイクの下取りでトラブルに!買取とではどちらがトクですか?

同じバイクでも下取りと買取とでは違った目的をもっています。

トラブルの原因は予想額とのギャップ。

フェアやセールにタイミングをあわせれば、売り手優位になります。

バイクの下取りと買取とでは、まったく違った目的があります。

買取はバイクを買取の業者に査定してもらって売却する行為ですが、下取りは新しいバイクをその店、あるいは提携店に購入するのを前提に引取ってもらう行為です。

下取りは、買取より市場の流通性がポイントとなり、海外への流通市場も含めて“それなりの値段で輸出できるのであれば”、価格は若干でも高くなります。

しかし系列店によってマニュアルがあるので、高値は期待できません。

買取業者に依頼する場合、担当者がバイクの置き場まで来て査定します。

バイクの手入れの状態はどうか、エンジンの不具合はないかなど所定の査定項目にそって評価されます。

買取は売却と同じ意味合いをもつので、若干のネゴシエーションはできますが、埃の被った放置車や事故車、レストア車は全般的に査定額が低くなります。

トラブルを避けるためには、買取・下取りともに多くを期待せず、フェアやセールを上手に活用することです。

フェアやセールは、見方を変えればショップ側の都合と希望で開催されています。

つまり、客からすると“売ってやる、買取に出してやるから高くしろ”という、売り手優位の状況にあります。

所有するバイクの系列店なら、価格に上積みされる可能性はさらに高くなります。

トラブルの多くは双方のギャップにあるので多くを期待せず、フェアの時期がくるまで待ちましょう。

PickUp Entry

高くバイク買取をするにはどうする?

高くバイク買取をするには、洗車をしてキレイにしておくこと、需要があるタイミングを見計らうこと、モデルチェンジ前などが望ましいです。

バイク買取ネットチェックの後もネットを活用

自分のバイクの需要など、手っ取り早くバイクの市場価格を知るには、バイク買取店のオンライン査定を利用してみましょう。