スーパーの特売コーナーにのぼりを使って成果は上がるのか?

のぼりを使ったから絶対的に成果が上がるというわけではありませんが、のぼりがなければ成果が上がらず、客から「わかりにくい」という苦情がくるのは確かです。

■コーナー演出にはスタイリッシュ&ミニのぼり。

スーパーの特売コーナーでは、細長くオシャレな感じのスタイリッシュのぼりや、小さなサイズのミニのぼりを平置きの陳列台にレイアウトすることで、売り場全体を演出することができます。

できれば店頭(スーパーの入り口)にも、のぼりを使って“本日の特売”を大々的に訴求し、店内の特売コーナーまで、連続した誘導サイン(動線)を確保するのがベストです。

のぼりに限らず、横断幕や懸垂幕などの活用も考えましょう。

■平台とPOPだけでは来店客を誘導しきれない。

逆に「もしも特売コーナーにのぼりがなかったらどうなるか」を考えてみてください。

平台のPOPだけでは人目につきにくく、特売コーナーまで行かないと魅力が伝わりません。

それどころか、スーパーに客が入ってからの誘導が不十分で、客を迷わせてしまいます。

特売は、入り口を入ってスグに客の目線で捉えられるような配置と、のぼりによるサインが何より大事です。

■のぼりを使った特売の演出は、そのスーパーの名物にも育てられます。

“いつもソコにあるオトク感&安心感”を付与しましょう。

固定概念は良くないとされていますが、客に対して“いつもソコにお得なコーナーがある”という固定概念を植え付けることは大きなプラスになります。

入り口から店内に入ったら、客にはまず、その特売コーナーののぼりを目で確認してもらって、ソコにたどり着くまでの動線で衝動買いもしてもらう。

のぼりは内と外で連動して使いましょう。